メニュー

種々様々な水位計のことを知ろう

一般的には知られていないかもしれませんが、水位の観測は、河川、湖や沼、池、地下水、海だけではなく、上下水道や工業・農業・工場、工事現場など種々様々な場所で行われています。測定の方法も、フロート式、水圧式、電波式、光学式、超音波式など枚挙にいとまがありません。これら種々の測定方式には、当然、良い面とそうでない面があり、場合や環境に応じて使い分けていく必要があります。水圧式水位計は、計器を水中に投げ入れて使います。電波式や超音波式の場合は、水に触れることなく、水面の上から計測します。また、その名の通り水面との接触面で計測するフロート式というものも、あります。これら水位計はお使いになる環境に適した固定方法や、緊急時の対応マニュアルも合わせて検討する必要があります。企業や専門家に水位の計測をお願いする際には、周りの環境、利用する計器が、実行してほしい場所に合っているかどうかを十分検討していく必要があるでしょう。

役に立つ水位計という道具

水位計というのは、様々な場面で役に立つ道具ではないでしょうか。例えば、海であったり、河に設置することによって、水位を計測したり、容器内に設置することによって、水位を計測したりできます。海であったり、河に設置して水位を計測するというのは、とても重要なことではないでしょうか。それは、水位がものすごく低下していたり、ものすごく上昇しているということは、何か大きな異変が起こっているという証拠と考えられ、何か大きな災害が発生する予兆と考えられるかもしれません。また、容器内に設置して水位を計測するというのは、容器内に十分な水量が入っているかであったり、水量が溜まってきたことなどを知ることができます。そういったことを知ることにより、必要な水量にするために、水量を調整することができます。ですので、水位計は、とても役に立ちます。

水位計も種類は多種多様

水位計とは水の高さを測るための調査機器です。しかしその調査機器の種類は実に外観も機能も多種にわたりまして計測のやり方もそれぞれ異なっています。その調査機器の種類を主に何種類かあげますと、水晶式、光水晶式、圧力式、超音波式、電波式、光波式などに分類されます。このうち超音波式、電波式、光波式は水の上に設置されて超音波やマイクロ波や光波を水面に向けて照射してその跳ね返りの時間を計測して水の高さを測ります。一方で水晶式や光水晶式は機器自体は水の中に設置され、機器の中にある水晶振動子を利用して水圧を計測することで水の高さを計測するやり方となります。また圧力式も水の中に設置され、機器の内部にある半導体を利用して圧力を計測して水の高さを測るやり方となります。なお外観は水の上に設置される機材はまるでアンテナやカメラのような形をしていますが、水の中に設置される水晶式や圧力式などはそれ自体はまるで水筒のような形をしていて、そこからケーブルが延びるような形になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*