メニュー

様々な場面で役に立つ水位計

一般家庭で水位計を使う機会というのは、あまり無いのではないでしょうか。多くの場合、何か事業を行っている企業などで使われていることが多いのではないでしょうか。水位計は、その名の通り、水位を計測する道具です。ですので、様々なところの水位を計測するのに役立っています。例えば、河に設置することにより、水位の増加を知ることができ、洪水が発生しそうになっていることであったり、実際に発生していることを確認することができます。また、タンクの中などに設置することによって、タンク内の液体の量を知ることができ、製品の生産に必要な液体の水量を確認することができます。もしかしたら、家庭でも使う機会があるかもしれません。それは、農業などを行っている場合などが考えられます。農業では、水の量が重要になることが多いからです。

水位計の利用とその目的

水位計は水面の高さを測定する機器です。川、湖などの自然環境はもちろん、タンクの水、貯水池などの人口的に貯められた水の高さを測定します。水の高さを測る目的は、自然環境ですと大雨の時の洪水を未然に察知するためです。防災を目的として利用します。タンクなどの水を図る目的としては、タンク内の水が適正に入っているか、過剰、過小になっていないかを図ります。水位計で測定した水位がある一定以下になると水を外部から供給したりします。水位の測定方式にはいろんな方法があります。水圧、電波式、超音波、光などで測定します。どの測定方法がよいかは、測定環境により異なります。川、湖、ダムなどの屋外での環境ですと、自然環境に強い測定方法がいいでしょうし、そのための多少の誤差は許容範囲になります。しかし、屋内で実験、測定だけが目的とするケースですと、精度を目的とした測定方式になります。

水位計はなにをはかるもの

水位計という物をご存じでしょうか。この水位計というのは、河川や湖などの水面の高さを計るもので、それはとても私達の役に立ってくれています。例えば安全に川で遊びたいけどどれくらいの深さなのか分からないとやはり怖いです。そんなときに水位計を使えばすぐに深さが分かるので便利です。これはいろいろな種類のものがあってフロート式や圧力式などがあります。それぞれ良さがあり、特徴があります。フロート式はフロートの動きをみて水位を測定します。圧力式は水中に設置して水圧をはかり、水位をしらべることができます。それぞれがそれぞれの良さを持っているのでいろいろなものを試してみるといいでしょう。環境によってもどの種類のものを使用するかで水位がはかりやすかったりするので購入するときはお店の人に相談してみるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*