メニュー

水位観測していく上での水位計の役割

水位観測については、河川上流域から河口や地下水、湖沼や海だけでなく、上下水道や工業、農業や工場そして工事現場など、いろんな場面で行われております。測定方式についても、水圧式や超音波式、電波式やフロート式、光学式などいくつか存在しております。そして、それぞれにおける測定方式に関してはメリットやデメリットについては必ずあります。水中に投げ込んで(センサー保護に関しては必要となります。)、水圧を測っていく水圧式水位計があります。そして、水面上より非接触に水位観測していく電波式や超音波式の水位計があり、水面と接触しているフロートにおいて上下移動を捉えていくフロート式やデジタル式の水位計があり、これらに関しては、適している固定方法や、配管路に関する提案だけでなく、緊急時による対応が出来る様なメンテナンス性についても合わせて検討していく必要があります。

様々な調査に役立つ、水位計とは。

日本は海に囲まれており、また、火山などの山も多くあります。河川も豊富で、温泉なども沢山あり、潤いを与えてくれますが、突然の台風やゲリラ豪雨、長雨の影響で、自然災害もおこります。その様な自然の変化に対応する為に、国内では高度な水位計が開発され、使用されています。河川の水位を計るだけで無く、流速や流量も計測出来ます。それによって、起こりうる災害を予想する事が可能になっています。河川の水位の変化を知る事で、それに合わせた土地開発をする事が出来、色々な自然災害を、未然に防ぐ事が出来ます。また、道路などの下にある、地下水等を調べる事が出来る水位計もあり、一見しても分からない地上への影響を、調べる事が出来ます。水脈を知る事で、安全に建物を建てられる場所を調べたり、危険を回避する事が可能になります。私達の安全は、確かな技術によって守られています。

水位計を活用すること

災害時に避難をする目安となるのが、河川の増水であったりします。どれくらい増水をしたのかチェックをするためには水位計を利用することが多いです。最近ではデジタル化されているものが多いので、わざわざその場所に行ってチェックをする手間を省くことができるようになっています。遠隔でチェックをすることが出来れば、二次災害を防ぐこともできます。河川以外でもダムに設置をすることもあります。ダムの場合には渇水のチェックをする際にどれくらいの水位があれば良いのか、確認をする際に利用をすることが多いです。瞬時にチェックをすることが出来るようになっているのもメリットが大きいです。屋外で使うものだからこそ、衝撃に強いものになっていることが多く、錆びないようになっているので長く使うことが出来る加工も行われるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*